1. HOME
  2. >>商品案内
  3. >>ミルクチェッカーの判定
商品案内
ミルクドクター
  • ミルクチェッカー
  • 操作方法
  • 主な仕様
  • 主な仕様
  • To English
  • To Espanol
  • ミルクドクターベータ
  • ミルクドクターテトラ
  • ミルクドクター500

ミルクチェッカーの判定

判定基準

測定値 6.2mS/cm以上< 異常乳
分房間差値 0.5mS/cm以上< 乳房炎

注:検査する場合は、4分房を検査してください。分房間差値を知る事により炎症の程度を知る事ができます。絶対値による診断には、全身性疾患、飼料の変化、発情、乳期、抗生物質による治療など考慮して診断してください。

実測値及び分房間差値により異常乳の判定基準

絶対値(ms/cm) 分房間差値 評価
6.2ms以下> 0.5ms以下> 正常乳
6.2ms以下> 0.5ms以上< 乳房炎乳の可能性有り
6.2ms以上< 0.5ms以上< 乳房炎乳の可能性と、低成分、生理的異常乳を伴う
6.2ms以上< 0.5ms以下> 乳房炎乳、低成分乳、生理異常乳

注:分房間差値が0.5を超えた場合は乳房炎のおそれがあります。

測定表示例

例)デジタル表示部

正常乳の例

  • 4分房測定値
  • 分房間差値
4分房の差が0.5以下又は、実測値が6.2以下なので正常。

異常乳の例・・・1

  • 4分房測定値
  • 分房間差値
4分房の差が0.5以上の1.1なので右後が乳房炎にかかっている。

異常乳の例・・・2

  • 4分房測定値
  • 分房間差値
全分房の測定値が、6.2をこえているので低成分乳又は、生理的異常乳である。
※測定順番を右前、後、左前、後とした場合。
  • 東 京 TEL:03-3545-5724

PAGE
TOP