1. HOME
  2. >>環境への取り組み 製品含有化学物質管理
環境への取り組み
  • KES環境マネジメント
  • 環境宣言
  • 製品含有化学物質管理
  • その他の取り組み

製品含有化学物質管理

管理の目的

近年EU のRoHS 指令に代表される「製品含有化学物質」に関する規制の動きが世界中に広まっています。日本でも、電気・電子機器業界、自動車業界を中心に、調達品の「製品中化学物質」の調査を強化する動きが加速されており、EU では、日本でも良く知られているRoHS 指令を始め、これに対応したWEEE 指令、ELV等の各種規制が既に始まっています。上記各国の化学物質に関する規制に加え、2007年6月にEU のREACH 規則が施行されました。

又、我が国では改正化審法が2009年5月に公布され化学物質に関する規制が一段と厳しくなりました。 当社もサプライチェーンの中の一企業として、グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI)及びアーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)のガイドライン、及び顧客各社様が作成したガイドラインに基いて、当社が取扱う製品中に含まれる化学物質の管理を行って行きます。

当社の取り組み

製品含有化学物質管理基準、外部要求管理基準、含有化学物質調査基準、サプライヤー管理基準、受入/出荷検査基準などの基準類などから成る製品含有化学物質管理マニュアル初版を2006年9月に策定し、含有禁止化学物質、製造時使用禁止物質、含有全廃物質などの管理を継続しています。

PAGE
TOP