前のページに戻る
  1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. 衝撃計測・解析器
  4. 衝撃データ解析システム テストパートナー3
製品・サービス

衝撃データ解析システム テストパートナー3

Lansmont

落下や衝撃、衝突事象のデータを取得して検証・解析する装置です
衝撃時のピーク加速度や作用時間、速度変化を容易に計測可能

USBによりPCと接続するだけの簡単な構成。 (4chの使用までは外部電源の必要なし) 入力信号は各種加速度センサーに対応しております。 拡張機能として衝撃応答スペクトル解析(SRS)機能や 各種規格(JIS,IEC,MILなど)への適合を判定するトレーランスバ ンド機能など備えています。 また試験データの収集・評価・解析をすることによって、製品 の脆弱性を見つけ、また包装設計の改良などに役立てることが できます。 その結果、包装の削減効果や輸送環境での破損を最小限に 抑えることが期待できます。
WEBからお問い合せ

製品特徴

テストパートナー3にはLiteとETCの2つのバージョンがあります。それぞれの機能は以下となります。

Liteバージョン

  • アンプ内蔵型加速度センサー取付可能
  • 標準4ch
  • トリガレベル(1-100%)、極性(正・負・両極)、チャンネルの任意設定が可能
  • 連続トリガ機能で計測ミスを防止

ETCバージョン

  • 最大16ch の同時データ計測
  • SRS(衝撃応答スペクトル)解析機能
  • SR(衝撃応答)解析機能
  • 2D/3DアニメーションSRS表示機能(SR/SRSビジュアライザー)
  • 規格試験用トレーランス設定機JIS C0041,W0812,IEC 68-2-27,MIL 810,202,BS2011

性能・仕様

ハードウエア仕様(4ch固のMiniと16chまで増設可能な4X4の2モデル)

  ベーシックモデルTP3.0-USB 拡張機能モデルTP3.etc-USB
サンプリングレート 最大1MHz(測定時間やch数の設定により変動)
デジタル分解能 16bit
対応センサー アンプ内蔵型センサー、電荷出力型センサー
インターフェース USB(ユニバーサル・シリアル・バス)

ソフトウエア仕様

計測準備設定項目 ベーシックモデルTP3.0-USB 拡張機能モデルTP3.etc-USB
測定時間設定 1msec〜100msecの間から選択
一般表示項目 ピーク加速度、作用時間、速度変化の自動演算と表示
台形波の平準加速度自動演算と表示
波形の反転やオフセット表示
波形・グラフのカラー・線の任意選択等
拡張機能項目  
衝撃応答(SR)解析 ダンピングレシオ任意設定
アニメーション(ビジュアライザー)表示
衝撃応答スペクトル
(SRS)解析
ダンピングレシオ任意設定
アニメーション(ビジュアライザー)表示
初期/残留応答、Maxi-Max(composite)表示
基準(公称)波形SRS、トレーランス表示
荷重vsたわみ解析 加速度波形から緩衝材上の荷重
たわみ量の時刻歴変動を計算・グラフ表示
規格波形トレーランスバンド解析 JIS/IEC/MIL等の規格試験用トレーランスバンド表示と解析
FFT解析 計測波形のFFT解析・表示
回転衝撃評価 回転衝撃試験単位(Rad/sec2)表示
  • 東京本社:03-3545-5725
  • 大阪支店:06-6282-4003
  • 名古屋支店:052-211-2206


WEBからお問い合せ